« コッツウォルズで食べたパブメシ。 | Main | のんびりするなぁと思うとき »

May 08, 2005

世界一不味いモノ。

IMGP4448
*istDs / Carl Zeiss Flektogon 2.4 35

「イギリスの食い物は不味い」というステレオタイプなイメージがありますね。まあこれに関しては
人によってイロイロ意見もあるし、あまり断定的なことを言うつもりはないんですけど、この国には
「パスタの缶詰」という、にわかに信じがたい食べ物があります。前から気にはなってたんですが、
恐ろしくて手を出せなかった。今回、日本から友人が大勢遊びに来たので、話しのネタに一個、
買ってみたんですよ。

思わずフレクトゴンで撮ってしまいました。

この食い物が、イギリスでは割と一般的なものらしく、スーパーマーケットに行くと、棚にずらっと並んでるし、
パッケージを見ると、「57種類のパスタシリーズ」などと書いてあります。思いつく限りの種類のパスタ料理が
網羅されてると思って良いでしょう。今回は最もシンプルな「トマトソースのスパゲティ」を買ったんですが。
日本人の間では、これはパスタソースの缶詰だろうと思って缶を開けたら、麺も入ってて肝を潰したとか
よく笑い話になってます。

IMGP4457
*istDs / Carl Zeiss Flektogon 2.4 35

とはいえ、僕自身、中身を見るのは初めて。いやーホントに麺が入ってますねー。こう、どろどろどろっと
パスタというか、白くて細長いむにょむにょしたものがちょっとびっくりするくらいの量、出て来ます。

IMGP4469
*istDs / Carl Zeiss Flektogon 2.4 35

器に盛って、缶のパッケージに書いてある通りにチンで加熱します。「一分加熱、一度取り出してよく
かき混ぜてさらに一分半加熱」と。トマトソース(らしきもの)には、デンプンが沢山入ってるのか、かなり
とろみ(というか粘り)があって、泡までたってしまいました。いやーホントに不味そうです。

おそるおそる、皆で一口づつ試食。全員一致の評価はやはり、「衝撃的に不味い」でありました。
「麺が地獄のようにまずい」「というかこれは麺とは呼べない」「ソースのまとわりつく甘みと
ぬとぬとな食感が最悪」などなど。しかし、これが結構な量、売れてるわけですからね、この国では。
まぁ、お国柄さまざま、ということでしょうか。

お目汚し、失礼いたしました。

|

« コッツウォルズで食べたパブメシ。 | Main | のんびりするなぁと思うとき »

Comments

Think your stairs have forfeit their former glory. But on the other hand, anyone thinks, is definitely a stair lift really appropriate considering my condition. This may need additional shoring up with the structural components at added cost.

Posted by: georgia custom stairs | March 10, 2015 at 07:37 PM

Howdy! This is my first visit to your blog! We are a collection of volunteers and starting a new initiative in a community in the same niche. Your blog provided us valuable information to work on. You have done a marvellous job!

Posted by: test2 | June 09, 2014 at 07:29 PM

Tomさん

どうぞどうぞ。お楽しみ頂けたようで嬉しい限りであります。

Posted by: TEZ | May 22, 2005 at 12:00 AM

こんにちは。このページ、あまりにもおもしろいので、友人たちにも見てもらうべく(笑)、リンクさせていただいちゃいました。
事後承諾でスミマセン。。。

Posted by: Tom | May 21, 2005 at 02:18 PM

三紗さんはじめまして。

えええっ!フランスにもあるんですか?それは意外でした。
フランスには出張でちょくちょく行くんですが、パテや鴨のコンフィの缶詰とか
よく買ってくるんですよ。「さすがフランスは、こんな何でもない保存食が
旨いよなぁ」なんて言いってるんですが。そうかアレがフランスにもあったとは。

やっぱあれですね、漠然と国のイメージでステレオタイプに考えちゃダメって
ことですね。

ところで三紗さんのブログも拝見しました。面白いですね。というか内容が
豊富でまだ見きれていません。ケルトに関しては、知識はないけど興味が
あります。ちょっと勉強させてもらいます。

Posted by: TEZ | May 10, 2005 at 05:31 AM

こんにちは

フランスにもあります。マークは覚えてないのですが、私はソースだけだと思ってスバゲティは別に用意してこれを開けたんです。

たいていのものはまずくても食べるのですが、これは我慢できず途中で捨てました。こんなものがあるとは考えたことがなかった!

Posted by: 三紗 | May 10, 2005 at 04:58 AM

食文化に関してはもう、あれこれ言い出したらキリがないですよね。
ただもう、大いに違いを楽しむのが一番だ、と思うわけです。
第一、「腐った大豆」だって、日本の中でも「ありゃ食い物じゃねぇ」って
言う人もいますし。発酵したニシンの缶詰も、機会があったらトライしたい。
においまで写るような写真が撮れるか??

ただ、「パスタの缶詰」は、食文化とはちょっと違う次元かなと思うんですよねー。
あー、でもやっぱこれも含めて文化かな、ちょっとややこしくなります。

Posted by: TEZ | May 10, 2005 at 03:21 AM

でも・・・欧米人から見たら、日本人は「腐った大豆」を食う国民ですからね・・・

お国柄が違うと、いろいろと違うんでしょう。

あと、北欧の腐ったニシンの缶詰とか・・・

Posted by: n@kky | May 09, 2005 at 05:47 PM

Tomさん

どうでしょうか、日本に売ってるかなぁ。少なくとも
日本人の口に合うものでは決してないし、笑い話のネタ以上の
価値はないですからねぇ。
そう、アメリカにもあるって聞きましたよ。

禁魚さん

そうなんですよ。食材はすごく美味しいです。野菜も果物も
乳製品も。だから「イギリスの食い物は不味い」とは言いたく
ないんです。でも、その通り、調味加減がちょっと、ねぇ。
何か味覚回路が欠落してるに違いないと思うような度を越した
シロモノに出くわすことが年に何度かはあります。

n@kkyさん

カップヌードルを発明された方の“伝説”は有名ですよね。
日本人はラーメンの缶詰は認めないでしょう。きっと。
このパスタの缶詰、イタリア人に喰わせてみたいなぁ。
国際紛争の元になるからやめといた方が良いでしょうか。

Posted by: TEZ | May 09, 2005 at 06:11 AM

へぇ~~~、不味い様子が画からじゅう~~~ぶん伝わってきました。

あ~、日本でうどんの缶詰とかそばの缶詰、ラーメンの缶詰がなくてよかったです。
インスタントラーメンを発明した人に感謝です。

Posted by: n@kky | May 08, 2005 at 10:26 PM

うおっ。こういうのもしかしたら昔食べたかも?
(その食感が妙にリアルに思い浮かぶのですよ)
イギリスでは、缶詰めのグレービーソースみたいのとかだしの素みたいのとかが、
ものすご〜く不味かった記憶があります(^^;)
スーパーで売られている食材そのものは決して悪くないのに、
味付けの感覚が違うのかー!?と思いました。

Posted by: 禁魚 | May 08, 2005 at 10:03 PM

あはは、これ、ほんとに不味そうですねぇ。(爆)
こんど、輸入食品店で見かけたら買ってみようと思います。(^_^)/
・・・売ってるかなあ???

Posted by: Tom | May 08, 2005 at 10:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92460/4042261

Listed below are links to weblogs that reference 世界一不味いモノ。:

» イングランドの中華はどんな? [35歳から英語勉強して良いかな?]
私のGEOS講師のMarkが来月初めに、イングランドへ里帰りします。(そいうえば里帰りって英語で何ていうのだろう?) [Read More]

Tracked on September 20, 2005 at 11:36 PM

» BREAKFAST IN HONG KONG [掌上都市觸覺]
香港=中華料理=美食 という図式って、香港を語る前提条件みたいになってます。しかし、日本人が毎日スシとしゃぶしゃぶと懐石料理を食べないのと同様、かの地の人々は毎日北京ダックとフカヒレスープと飲茶を食べてはおりませぬ。... [Read More]

Tracked on September 27, 2005 at 07:31 PM

« コッツウォルズで食べたパブメシ。 | Main | のんびりするなぁと思うとき »