« この季節、典型的なパブの楽しみ方 | Main | Goodwood Festival of Speed »

June 24, 2005

ご近所点景

13640004
NIKON F4 / Ai AF DC Nikkor105mm F2D

昨日に引き続き、銀塩一眼を持って自宅の近所をうろついた「散歩写真」。
ヒトサマのお宅の玄関先など撮って、考えようによっちゃ、ちょっとアブナいヤツかも知れない。

デフォーカスコントロールというのがついたレンズで、前ボケ方向にリングをまわして
撮ってます。ふーんこんな感じに撮れるのかぁ。

13640003
NIKON F4 / Ai AF DC Nikkor105mm F2D

|

« この季節、典型的なパブの楽しみ方 | Main | Goodwood Festival of Speed »

Comments

確かに住宅地でカメラ下げて(写真撮って)歩く、というのは
あまり見ないですね。事実、ワタシ自身も「俺って変かも」と
思いながら撮っていたわけで。

お互い、妙な誤解を受けないように、気をつけましょうね、
ということでしょうか。

Posted by: TEZ | June 25, 2005 at 10:41 AM

丁寧なご回答ありがとうございます。
どこの国でも観光地では違和感ないですよね。でも住宅街だとどうでしょうね。
私の田んぼでもDSLRを首から提げて草刈しているなんて図はありえないです。
それこそ「おらちの米を狙ってる」って思われます。さくらんぼの盗難や米の盗難がありますものね。

警備員に呼び止められたのは、TEZさんがきちんとしていたからではないでしょうか。
危ないヤツには2通りあるとおもいますが。

Posted by: baja | June 25, 2005 at 12:13 AM

うーん、どうでしょうか。

ロンドンには沢山の観光客がいて、当然かなりの人がカメラを持って
歩いています。で、その中にはSLRを持ってる人もいます。デジタルの人も
少しはいるんじゃないでしょうか。僕がDSLRを首からさげてそのあたりを
歩いていると、まずは「観光客が住宅地に迷い込んで来た」と思われる
でしょうね。

ロンドンは大英博物館の付近に中古カメラ屋が集中してます。古いSLRや
垂涎もののライカなどたくさんあるので、ちょくちょくのぞきに行きます。
面白いエリアなんで、そのうちレポートしたいなと思ってるんですよ。
多分イギリスでもカメラ趣味はかなり一般的なものなんじゃないかなという
感触はあります。ただ、やっぱり日本ほどではないかも知れませんね。

それを「異常」と見るべきかどうかはわかりませんが、間違いなく日本人は
世界で一番カメラ好きな国民だと思います。だからこそ、日本のカメラが
これほどまでに世界中でポピュラーなんでしょう。

写真を撮りながら、市内の再開発エリアを歩いていて、警備員に呼び止められた
ことがあります。「それはプライベート用ですか、それともプロフェッショナルな
目的ですか?」と。「これはワタシの趣味です」と正直に答えてその時は全く
問題なかったのですが。ひょっとして、俺、プロカメラマンに見えた?
それともアブナいヤツに見えた?

Posted by: TEZ | June 24, 2005 at 02:36 PM

ちょっと危ないヤツかもというコメントに

バンクーバーの友人も*istDsを私と競うように購入したのですが、
カナダではそもそもDSLRを首から提げてブラブラしている人などいないと言っています。
まして交換レンズをカメラバックに入れてたくさん持ち歩いている人なども。
日本の掲示板を読むとあのレンズはどうとか、購入しましたという書込みを見ると異常だとも言っていました。

お国柄でしょうか。ロンドンではどうですか?

Posted by: baja | June 24, 2005 at 09:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92460/4683748

Listed below are links to weblogs that reference ご近所点景:

« この季節、典型的なパブの楽しみ方 | Main | Goodwood Festival of Speed »