« 泰然自若な人々 | Main | E-type Jaguar »

July 16, 2005

Hyde Park GA GA

BM

先週のテロ事件で一週間延期になっていた、ハイド・パークのQUEENのコンサートを昨日、見てきました。
会場の様子などを簡単にレポートします。

チケットの裏面に“No Professional Cameras”と書いてあったんで、一応気を使って、一眼レフじゃ
なくてコンパクトデジタルカメラ(Panasonic DMC FX7)を持ってったんですが、実際に行ってみたら、
別に気にする事もなかったみたい。だったら望遠つけた一眼レフ持ってってステージの様子とかも撮れた
かな、とも思ったけど、そんなことしたら写真撮るばかりに集中しちゃって、音楽を楽しむどころじゃなくなるから、
これはこれで良かったな、などと思ってます。

P1030700

さすがにセキュリティに関しては慎重になってるようで、持ち物のチェックなど、ちゃんとやってましたね。
僕ら、大きなカバン(飲み物とか敷物とか入ってる)を持ってたので、空港にあるような検査機を通る
列に回されてしまった。さすがイギリス人はこういう時、文句言うでもなく、整然とコトを済ませます。

P1030698

プログラムには“クイーン”と日本語縦書き。他にも“クイーン”のTシャツなどもあり。
漢字やカタカナ、マンガのキャラなど、日本っぽいモチーフは今、各方面で人気です。
パフィの出てくるTVアニメとかもあります。

P1030715

この日は、ロンドンの警察や救急の仕事をしている人は、無料ご招待。なかなか“粋なはからい”であります。
良く晴れて、日中はかなり暑かったんだけど、前座が終わってクイーン+PRのパフォーマンスが始まる
7時頃には随分過ごしやすくなりました。

P1030756

これから日本で見る人のために、どんな曲をやったかとか、あまり細かなことは書かない方が
良いと思います。でもまあ、一通りの“お約束事”はきっちり網羅されてますので、ご心配なく!
ポール・ロジャース氏はやっぱりフレディではないので(カミサンいはく、「演歌歌手みたいなタメ」)、
“それはクイーンとは言えない”という説にも一理あり。でも、逆に、妙にフレディを意識した、唄い方が似た人
(例えばジョージ・マイケルとか?)を起用しなくてかえって良かったと思います。あっけらかんと
フリーの曲なんかもやっちゃうし、僕と同じような、生粋のクイーンファンの方々は、とにかく、
固いこと抜きにして、単純にショーとして楽しんじまって吉、です。

ぼかぁ、ブライアンとロジャーが、いちミュージシャンとして好きにやっちゃってる様子が、見てて
とても楽しかったですね。ジョン・ディーコンにも出てきて欲しかったなぁ。好きなんですよ。彼のベースも。

十代の頃、夢中になって聞いたクイーンの曲をハイド・パークで今こうやって聴くというのも何かの縁かな、
俺もオッサンになっちまったけど、ブライアンもロジャーも立派なオッサンだなぁ、とか思いながら、
ヒースロー空港に向かって着陸して行く、たくさんの飛行機を見上げたり、振り向くと、ロンドンに来た
最初の頃、オフィスを借りていたビルが見えるんですよ、そんなのを見てたら、何だかしみじみした気持ちに
なりました。そして、ここしばらくの間にロンドンで起きたことなどをあれこれ思い出していたら、ギルドの
12弦ギターを持ったブライアンが、“Love of My Life”をやった後に、「きょうは、言葉よりもこの歌がいいと
思うんだ」と前置きして“イマジン”を歌いだしたんですよ。不覚にも涙が出ました。
でもきっと、あそこにいた大勢のクイーンファンは、僕と同じ気持ちだったと思う。

ジャパン・ツアー、ご期待されたし!ですよ。

P1030753

|

« 泰然自若な人々 | Main | E-type Jaguar »

Comments

トミーさま

8万5千人がどのくらいの人だかりなのか、正直、想像もつかないんですが、
いつも行ってるスタンフォード・ブリッジ・スタジアム(フットボール場)の
キャパが確か4万2千人でしたか、あれと比較すると、5万人かそれ以上
くらいはいたんじゃないでしょうか。あくまで僕の“パッと見の印象”です。
8万5千人、どうかなー、そんなにいたかなー。

食べ物の屋台とか、結構すいてましたから、「満員」ではなかったんでしょう。

ギリギリで一週間延期しちやいましたからね。遠くから来る人とか、きっと
諦めちゃった人も多かったんじゃないでしょうか。

Posted by: TEZ | August 26, 2005 at 02:41 AM

レポートありがとうございました。
質問ですが、8万5000人も観客がいたんでしょうか??

Posted by: トミー | August 25, 2005 at 03:14 AM

satさま

TBありがとうございます。
ブライアン・メイモデルのギター、欲しいと思ったんですけど・・・
イギリスのBURNSっていうメーカーから出てるんですよ。
でも、いまいちチャチい! ROCKオヤジ(おいら)の琴線に触れん!
というわけで却下しちまいました。
かといって、注文製作で作ってるやつは異常に高いんですよね。

Posted by: TEZ | August 04, 2005 at 09:35 AM

ありがとうございます!ついでにトラバっときます。遅くなりましたが・・・

Posted by: 「ROCKオヤジ!!」管理人sat | August 03, 2005 at 02:00 PM

なるもにあさま

どうもありがどうございます。
さっそく、そちらにお邪魔いたしますです。

Posted by: TEZ | August 03, 2005 at 03:56 AM

ブログ記事とコメントを活用させていただきましたのでTBさせていただきました。
よろしくお願いいたします。

TEZ様のコメントはなぜか私の涙腺を刺激しがちです。
これからも楽しくユニークで、そして美しい英国レポートを楽しみにしております。

Posted by: なるもにあ | August 02, 2005 at 12:39 PM

なるもにあさま

ブライアンもロジャーも、きっと長い時間をかけて自分たちの中にある
「クイーンの伝説」みたいなものを渡り合って、ここまで来たんだと思うんですよ。
多分、We Will Rock Youを作り上げた、というのも大きいんじゃないでしょうか。
僕らリスナーにとってもそうだと思うんですけど、あのミュージカルによって、
クイーンの曲が、いちバンドの持ち歌という範疇から、もっと普遍的なものに
解き放たれたみたいな感じがしています。
だから、ぜひ、息子さんとご一緒に、ロンドンのWWRYを!
僕も東京のヤツを見たいなぁぁ。

satさま

見に行きましたよ。何だか笑っちゃいました。
取り上げてるミュージシャンがもう、ひとりひとりツボを押さえまくってます。
いいですねー。
絶対見に行って、ブログでレポートしてください。待ってます。

Posted by: TEZ | August 02, 2005 at 05:23 AM

僕のブログ「ROCKオヤジ!!」ではクイーンネタ豊富に扱っています。もし宜しければ遊びに来て下さい!
にしても・・・羨ましい・・・
僕も行きますけどね!絶対!

Posted by: 「ROCKオヤジ!!」管理人sat | August 02, 2005 at 02:03 AM

はじめまして。
フブロジ様の『QUEEN BLOG』から参りました。
貴重なQUEENのハイドパーク・レポート、興味深いです!!写真、とっても美しいですね。空気が伝わってきます。(パンフレット表紙が日本語なのに驚きました。)

「ぼかぁ、ブライアンとロジャーが、いちミュージシャンとして好きにやっちゃってる様子が、見ててとても楽しかったですね。ジョン・ディーコンにも出てきて欲しかったなぁ。好きなんですよ。彼のベースも。」というTEZさんの言葉に感銘を受けました。なんだか嬉しいです。

ブライアンの『BACK TO THE LIGHT』コンサートの時は、ブライアンがQUEEN を抜け出そうとしすぎていて(気持ちわかりますけど)、ジョン・レノンの「神」を歌ったのも哀しくて、せっかくレノンが乗り越えた過ち(あくまで個人的評価です)を再演してしまうのかなと心配しましたが、今回のコンサートはそうしたシガラミ他をやっと上手に消化して戻ってきた、という気がしています。
「イマジン」…素敵なセレクトですね。聴いてみたい。
ポール・ロジャースの重量感あるボーカルも好きなので、いろいろな意味で非常に楽しみです。

※息子が高校受験なので「うまくいったらご褒美に本場のWE WILL ROCK YOU」と言ってあるのですが(親の陰謀で彼もすっかりQUEEN ファン)、誰のご褒美かわからないですね。ダメでも“残念賞”で行ってしまう魂胆です(オイオイ)。

Posted by: なるもにあ | August 01, 2005 at 03:50 PM

フブロジさま

コメントありがとうございます。
こんな状況だからこそ、みんなこの瞬間を大切に楽しんだ、という感じでした。
ミュージシャンも観客も、そこそこの年だし、上手にリラックスするすべを
知ってる、っていう感じもありましたね。楽しかったです。

Posted by: TEZ | July 31, 2005 at 05:19 AM

野外コンサートって良いですね
テロの後だけにみんなピリピリしていると思ったら意外とのんびりコンサートを楽しんでいるようですね、写真だけでも充分伝わってきます
すばらしいレポートありがとうございました
また寄らさせていただきます

Posted by: フブロジ | July 30, 2005 at 11:00 AM

masaさま、
僕は知らなかったのですが、数年前に、日本で結構クイーンがブームになった
時期があったとか。それがキッカケで新しいファンもついた、などと聞いてます。

僕は、いわゆる“キッス/クイーン/エアロスミス”のジェネレーションなので、
“好きなミュージシャン”の欄にはいつも“クイーン”と書いていました。
「いくつになってもイイものはイイ!」ということにしてしまいましょう。

Posted by: TEZ | July 30, 2005 at 03:52 AM

ジョン・ディーコンは出なかったんですね。
私はロックとかあまり詳しくないし、
新しい音楽にも疎いので、
どんなミュージシャンが好きなの?
と聞かれた時は
「クィーン!」
と答えてました。しかし確実に笑われてましたね。3年前までは。
今、こんなにもクィーンの音楽が流行ってしまうと、
なんだかあまり嬉しくないのは何故でしょう?^^;
オレのクィーンをそっとしておいてほしかった!
な~んて。

Posted by: masa | July 29, 2005 at 01:48 AM

カモミロさん、こんにちは。お寄り頂いて嬉しいです。
4回の公演、多分、追加公演もあるでしょうけど、ちょっと物足りないですよね。
頑張ってチケット取ってください!

今後ともよろしくお願いします。

Posted by: TEZ | July 20, 2005 at 06:45 AM

私の稚拙なブログを見ていただき、ありがとうございました。私もこちらのブログを、毎日の巡回ルートに入れさせていただきます。憧れのロンドンの鮮やかな写真がとても気に入りました。

クイーン来日公演、大阪ドームが使えなかった等の事情があるようですが、4回の公演って少なすぎます。チケット争奪戦が熾烈なものになりそうです。

おおっ!We Will Rock You5回も行ったんですか。私は3回行く予定なのですが、負けてしまいましたね(笑)機会があったら本当にロンドンでも見たいですね。

Posted by: カモミロ | July 19, 2005 at 11:15 PM

あさみさま、コメントどうもありがとうございます。
サウンド的にも良かったですよ。もうひとり、サポートギターがいて、
キーボードもいて、結構厚いサウンドになってました。We Will Rock Youの
ミュージカルのバックバンドもギター2本なので、ブライアンも、サウンド的には
そっちの方が良い、と考えてるんでしょう。

Posted by: TEZ | July 19, 2005 at 03:09 PM

野外ならでは観衆のバックの夕日が美しいです。
それに諸々あった後の「イマジン」なんて粋な選曲。

正直、ポール・ロジャースはどうなんだろうと思ってたんですが
おっしゃる通りフレディと似たタイプでないのがよいのかもしれませんね。
やってる本人達も楽しめるライブ、それが一番かも。

Posted by: あさみ | July 19, 2005 at 11:59 AM

現地の様子がちょっとでも伝わって、日本公演がより楽しみなものになったなら
大変嬉しく思います。日本ではあまり回数をやらないようなので貴重ですね。

カモミロさんのブログは、取り上げられてるミュージシャンがもう、
他人のセレクトとは思えない!という感じなので、楽しく拝見しています。

それから、機会があったらぜひ!ロンドンに来てこちらのWe Will Rock You も
見てください。ぼかぁもう5回も行きました。スカラムーシュ役の子が最高です。
僕も一回は東京のヤツを見たいなぁと思ってます。

Posted by: TEZ | July 18, 2005 at 02:58 AM

TBありがとうございました。
素晴らしいレポート読ませていただきました。写真も素晴らしい!
「イマジン」のくだりは、読んでいるだけで目頭が熱くなりました。

Posted by: カモミロ | July 18, 2005 at 02:28 AM

ありがとうございます。

何と言ったらいいのか良くわからないんですが、Live8、オリンピック、
テロ、そしてQueenのライブ。ほんの2週間の間に、ホントにいろんな
ことが起きました。まるで、ひとつの巨大なストーリーを見せられてる
みたいです。

Posted by: TEZ | July 17, 2005 at 06:49 PM

素敵なレポありがとうございます。
私もLOTUSさんと同じく読んでいてじーんときてしまいました。
そして最後の写真の夕焼けが美しい〜。

Posted by: 禁魚 | July 17, 2005 at 09:25 AM

ステージ近くの前の方は、結構人が混んでてそれなりに喧噪っぽかったですが、
僕ら、ちょっと離れたところで見てたんで、僕らのまわりはノンビリしてましたね。
背の低い日本人の悲しさ、立ち見の人ごみにまぎれちゃうと、何も見えない!

ハイドパークはすっごく広いし、会場内、ノンビリできるスペースを
ちゃんと確保できてるのはさすがと思いました。

Posted by: TEZ | July 17, 2005 at 05:21 AM

野外コンサートってもっと喧騒感があるイメージを持ってたのですが、みなさんノンビリ寛いでますね。
これはやっぱりお国柄なのでしょうかね?

ブライアンの「イマジン」というのは心に響きそうですね、ちょっと想像しただけでグッとくるものがあります。
世の中から争いがなくなって平和に暮らせることを願わずにいられません。

Posted by: LOTUS | July 17, 2005 at 02:56 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92460/4999037

Listed below are links to weblogs that reference Hyde Park GA GA :

» 「クイーン+ポール・ロジャース日本公演」続報 [70年代ロック少年]
クイーンの来日公演についての新たな発表がありました。 10月26日(水):埼玉ス [Read More]

Tracked on July 18, 2005 at 02:22 AM

» QUEEN+PAUL RODGERS賛否両論の中味 [夢・百十一夜]
日々QUEEN関係のブログを回りながら、感じるのは 今回の来日は(当然といえば当然ながら)本当に賛否両論なんだなぁ、ということです。 どんなものでも、エネルギーが大きいものは変化する時 回りに影響をあたえるからしかたないんでしょうが。 また20年というブランクでQUEENはもはや音楽伝説カテゴリーに 入っていたから余計でしょうか? (このあたり意見や感じ方に世代ギャップもありそうですが) ただ、ミュージ... [Read More]

Tracked on August 02, 2005 at 12:35 PM

» friends will be friends / queen [ROCKオヤジ!!]
ロジャーの「2,3,4!!」 のカウントから あのフレーズ 素敵♥ ブライアンメイのフェイズも何もかかってない ドライブサウンドが会場に響き渡る。 フレディの伸び上がるヴォーカル。 バンドとの一体感。 まさにクイーンワールド。 ... [Read More]

Tracked on August 03, 2005 at 02:01 PM

» クイーン with ポール・ロジャース [『よーし!柏木』のもっと幸せ!充実成功!! ]
チケット・ゲットしましたよ! 10月27日(木)さいたまスーパーアリーナでクイーン with ポール・ロジャースです! [Read More]

Tracked on August 13, 2005 at 02:50 AM

« 泰然自若な人々 | Main | E-type Jaguar »