« こんなに違う | Main | 英国式足裏健康法・・・? »

July 31, 2005

サイエンス・ミュージアム

IMGP6459

サウス・ケンジントンにあるサイエンス・ミュージアムにて。
アポロ10号の司令船ユニット。何だか妙に「一昔前のSF映画」っぽいアピアランスです。
その上、すごく「手作り感」があります。こいつに乗って宇宙に行くのは相当な度胸が必要とみた。
スペースシャトルも近くから見たらそうなのかなぁ。

PENTAX *istDS / DA16-45mm F4

IMGP6454
PENTAX *istDS / DA16-45mm F4

ここには、映画「スチームボーイ」に出てくるような、ごっつい蒸気機関や、さまざまな乗り物とか
通信機器とか、そんなものがたくさん置いてあります。メカもの好きには堪りません。

IMGP6458
PENTAX *istDS / DA16-45mm F4

「クルマが発達して一般化するにしたがって、スタイリングにも個性が出てきた」という展示に
多摩ナンバーの日野コンテッサ。日本だったらトヨタのパブリカとか、カローラとかサニーが並ぶ
ところだろうに、日野コンテッサですよ。味わいがあるなぁ。

IMGP6462
PENTAX *istDS / DA16-45mm F4

ミュージアムの中のカフェも、SF映画みたいな演出、と言えばいいんでしょうか、これは。
でも、テーブルに顔を近づけ過ぎると、稲川淳二が恐い話しをするときの顔になるからちょっと要注意。

|

« こんなに違う | Main | 英国式足裏健康法・・・? »

Comments

Please let me know if you're looking for a article author for your weblog. You have some really great articles and I feel I would be a good asset. If you ever want to take some of the load off, I'd really like to write some articles for your blog in exchange for a link back to mine. Please shoot me an email if interested. Thanks!

Posted by: Delhi Escort | December 21, 2014 at 08:18 AM

夏休みの間に、スペースシャトルが無事帰還したようで良かったです。

直接は関係ない話しなんですが、植村直己さんが使われていたカメラは
ニコンのF3なんですよね。チタンボディの。
頑丈なんだろうなぁ、信頼感あるんだろうなぁ。

Posted by: TEZ | August 16, 2005 at 04:11 AM

冒険家ってのはほんと命知らずですよね。
実際、北極や南極を目指した探検家は命落としたりしているでしょうし・・・

宇宙を目指す方々も何人も亡くなっていますもんね。

安全に宇宙旅行できる日が生きているうちに来るんだろうか?・・・

Posted by: n@kky | August 05, 2005 at 04:08 PM

n@kkyさま

いろいろとお忙しい中、お越し下さいまして恐縮です。

リンドバーグは度胸があるのを通り越して、ちょっと命知らずだったかも知れませんねー。
あの飛行機はどこにあるんでしたっけ、スミソニアン博物館だったかなぁ。

Posted by: TEZ | August 05, 2005 at 06:09 AM

いやほんと度胸がありますね。

まあリンドバーグも相当度胸があったと思いますが・・・

Posted by: n@kky | August 04, 2005 at 10:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92460/5246567

Listed below are links to weblogs that reference サイエンス・ミュージアム:

« こんなに違う | Main | 英国式足裏健康法・・・? »