« 時の残滓 | Main | 素朴な街の心地よさ »

August 25, 2005

地の果てまでやってきた。

IMGP6970

アイルランド島の西の果て、コネマラ地方という場所です。
走っても走っても果てしなく続く岩盤、夏だから楽しく旅行してるけど、冬は過酷でしょう。
昔の人は、海に打ち上げられる海藻を干して土の代わりにしたとか。

PENTAX *istDS / DA14-16mm F4

39080008
PENTAX LX / Carl Zeiss Flektogon 20mm F2.4

コネマラ国立公園の風景。遊歩道を歩いてるとこんな絶景に出会えます。

IMGP7102
PENTAX *istDS /  FA77mm F1.8 Limited

でも、こんな土地にも、しっかり人々の暮らしがあるのにはホント、感心するというか、びっくりするというか。
羊、羊飼い、牧羊犬。米粒みたいに小さくてスミマセン。こんな光景、昔、何かの物語で見た事あるかも。

IMGP6908
PENTAX *istDS / DA14-16mm F4

牧草地の片隅にある家。「わー、カワイイ家じゃん」なんて言いながらシャッター切ったんですが、
ちょっとだけよく見ると、気がつきますよね。なぜ、この家は少し低くなった場所に建っているのか、
なぜ、家のすぐ脇に木を植えているのか、なぜ、この木の枝は、まっすぐじゃなくて、一方向に
曲がって伸びているのか・・・。つらい、長い冬がきっとここにはあるんでしょう。
一回、冬に来てみたい。

|

« 時の残滓 | Main | 素朴な街の心地よさ »

Comments

ClieistDさま

そう、僕もアイルランドのことは全然しらなかったですよ。行って初めて
「あーこんな面白いところだったのかー」と感動しています。
全体的に日本人の数も少なくて、「外国に来たぞ」感も強いです。
イタリア人の団体客が多くて、びっくりしました。

気候は、どうでしょうか、緯度はイギリスとそれほど変わらないので
特別に暑いとか寒いとかは感じませんでしたが、特に西側、冬は風が強くて
厳しい気候のようです。雪はあまり降らないようです。それに比べると
島の南の方はかなり温暖だ、とも聞いたことがあります。

Posted by: TEZ | August 26, 2005 at 02:33 AM

アイルランドって、よく考えたら、あんまり知識がないことがわかりました。イギリスの一部という印象でした。
風景は、本当にすばらしいですね。ゴルフの全英オープンに出てくるようなところが印象的です。←これもイギリスの一部と思っている証拠^^。
ところで、TEZさんの写真を拝見していると、アイルランドはイギリスより天候が良いような気がしますが、本当のところはどうなんでしょう?

Posted by: ClieistD | August 25, 2005 at 01:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92460/5626789

Listed below are links to weblogs that reference 地の果てまでやってきた。:

« 時の残滓 | Main | 素朴な街の心地よさ »