« 古本の町 | Main | ただ今修行ちう。 »

September 06, 2005

恐竜の肩甲骨

34350011

サウス・ケンジントンにある自然史博物館。時々でかけます。
少し前には、Tレックスの展示もやってて、なかなか面白かった。

ロンドン育ちの同僚が「うん、あそこは子供の頃、一番好きな博物館だったな」と。
何でも、昔(何十年前のことかはよくわからず)入場料が1/2ペンス
(100ペンス=1ポンド)で、子供の小遣いでも楽勝で行けた、とか。
1/2ペンスって何だろう、“50銭”とかそういう感覚なんだろうか。
“銭”はいくら何でも経験ないのでわかんないっす。

PENTAX LX / Carl Zeiss Flektogon 35mm F2.4

|

« 古本の町 | Main | ただ今修行ちう。 »

Comments

TryTryさん

それでは、こちらからTBさせて頂きました。
そう、なかなか良い雰囲気ですよ。
まさしく!インディアナ・ジョーンズがいそうです。
そちらの恐竜君たちの写真も、なかなか生き生きしてて
(骨なのに“生き生き”も変かな・・)面白かったです。

LOTUSさん

この建物は、確か1860年代とかその頃、
ロンドンの博物館の展示会場のひとつとして作られた、
と記憶してます。間違いでなければ。
ですので、映画“スチームボーイ”で想定されてる
時代のものですね。産業革命の頃、旧式の石造りの建物から、
鉄骨とか、大きなガラスとか、そういう新しい素材を
使い始めた時期、ということなんだと思います。

Posted by: TEZ | September 06, 2005 at 07:09 PM

すいません、私も主役の恐竜より背景の建物に目がいってしまいました(^^;
壁の色合いや、採光の具合など日本ではなかなか見れない建造物ですね。
柱から天井を回って補強している鉄骨は後からの補強なのでしょうか?
その部分だけちょっと異質な感じしますね。

子供の頃にこんな博物館に通えてたら それはそれは楽しかっただろうなぁ

Posted by: LOTUS | September 06, 2005 at 09:55 AM

恐竜つながりでTBしたんだけど届かなかったようなのでコメントだけ残します。

英国の博物館の建物って歴史を感じさせる良い雰囲気ですね。
インディアナ・ジョーンズが歩いてそう。

Posted by: TryTry | September 06, 2005 at 08:01 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92460/5808964

Listed below are links to weblogs that reference 恐竜の肩甲骨:

« 古本の町 | Main | ただ今修行ちう。 »