August 22, 2005

神々しくさえある。

39060026

ダブリンからまっすぐ西の方角、アイルランド島のほぼ西の端にある、リスドゥーンヴァルナ
(Lisdoonvarna)という街です。ホテルが数軒と、パブと土産物屋がちょっと、あとは民家。
どっちかというと“集落”と読んだ方ががしっくりくるくらいの小さな街です。
これが僕らが泊まったホテル。

PENTAX LX / Carl Zeiss Flektogon 35mm F2.4

Continue reading "神々しくさえある。"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 19, 2005

ダブリン、パブ、音楽、ビール

IMGP6682

さて、話しはアイルランドに移ります。首都ダブリンへ。

もちろん僕自身も含めて、日本人って、一般的にあんまりアイルランドのこと、よくは知らないですよね。
ぼかぁ、こんなに豊かな文化と自然と、活気のある国だとは全く知らなかったですよ。
外まで音楽の漏れ聞こえてくるパブにふらっと入りこんで、初めて聴いた、生のアイリッシュ・ミュージックに、
まずはすっかり度肝を抜かれちまいました。

PENTAX *istDS / DA16-45mm F4

Continue reading "ダブリン、パブ、音楽、ビール"

| | Comments (21) | TrackBack (0)

August 16, 2005

聖地・・・?

さて、久々の更新であります。

一週間以上、アイルランドを中心にクルマで走り回っておりました。やはりネット環境は思わしくなく、
いくつか頂いたコメントにお答えしたり、更新したりが滞ってしまいました。
ネタは随分と仕込んできましたので、ちょっとづつ紹介させてください。

ビートルズファンにとっては“聖地”のひとつ、リバプールのマシューストリートにある、“キャバーンクラブ”
というライブハウス。と言いつつも、これがホントにビートルズが演奏していたキャバーンクラブそのものなのか、
良くわかんないんですよ。実際、マシューストリートには“キャバーンなんとか”という名前の店が妙にたくさん
ありましたから。

PENTAX *istDS / DA16-45mm F4

Continue reading "聖地・・・?"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

July 16, 2005

Hyde Park GA GA

BM

先週のテロ事件で一週間延期になっていた、ハイド・パークのQUEENのコンサートを昨日、見てきました。
会場の様子などを簡単にレポートします。

チケットの裏面に“No Professional Cameras”と書いてあったんで、一応気を使って、一眼レフじゃ
なくてコンパクトデジタルカメラ(Panasonic DMC FX7)を持ってったんですが、実際に行ってみたら、
別に気にする事もなかったみたい。だったら望遠つけた一眼レフ持ってってステージの様子とかも撮れた
かな、とも思ったけど、そんなことしたら写真撮るばかりに集中しちゃって、音楽を楽しむどころじゃなくなるから、
これはこれで良かったな、などと思ってます。

Continue reading "Hyde Park GA GA "

| | Comments (23) | TrackBack (4)

July 02, 2005

LIVE8、前日のロンドン会場の様子

02240024

今日はちょっとした時事ネタを。明日開催されるLIVE8の会場、ハイドパークの様子です。
ステージがおおよそでき上がって、この時はアニー・レノックスがリハーサルやってました。
とはいえ、この距離ではステージなど見えるはずもなく、風に乗って音が聞こえてくるのみ。
でも、この「風に乗って聞こえてくる音」って、遠くで聞こえる祭り囃子みたいで、妙に
気持ちがそわそわします。特にアニーさんはすごく好きなミュージシャンだし。

NIKON F4 / AF DC NIKKOR 105mm F2D

Continue reading "LIVE8、前日のロンドン会場の様子"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 28, 2005

Queen Live at Hyde Park

IMGP6141

2ヶ月以上前にウェブで予約したQueen+Paul Rodgersのチケットがようやく来ました。
何だろう、よっぽど準備に手間取ったのだろうか。
「フレディなしのQueenなんて・・・」などイロイロ意見もありますが、まぁ、ここはひとつ
カタイことは抜きにして、楽しんできます。
チケットには「No professional cameras..」と書いてあったから、一眼レフはダメだけど、
きっとコンパクトカメラなら持ち込めるということでしょうか、会場の様子など、追ってレポートします。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

June 20, 2005

Musical Baton

IMGP0202

まず、いきなり何の脈絡もなくTBが飛んで来た方、ご迷惑おかけします。

ONE VISIONのLOTUSさんから、Musical Batonがまわってきました。Musical Baton というのは、
今ブログ界で流行っている、こういう遊びだそうです。
ワタシの場合は、というとですね・・・

★コンピュータに入っている音楽ファイルの容量
    5.25GB、1128曲です。ロック6割、ジャズ/フュージョン系2割、クラシック2割、
    といった感じでしょうか。

★今、聞いている曲
    シャッフルで聞いてることが多いんで、何が出てくるか・・・
    今はHolly ColeのLoving Youという曲が流れてます。

★最後に買ったCD
    U2のHow To Dismantle An Atmic Bomb。CDを買ったのではなく、
    iTunes Music Shopでダウンドードしました。
    このサービスはホント便利です。早く日本でもスタートすれば良いのに。
    U2は良いです。ボノが目立ってるけど、僕はエッジのギターが好き。

★よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
    Every Breath You Take (Police)
    Rain Song (Led Zeppelin)
    Bohemian Rhapsody (Queen)
    雨はいつか(センチメンタル・シティ・ロマンス)
    Where The Street Has No Name (U2)

★バトンを渡す5人の方々。
    さて困った、僕はPP以外にあまりブログ関係の知り合いがいなくて。
    それにここ数日で随分大勢の方が参加されてますよね。
    そうだなぁ、こうしましょう。
    僕と同じように海外で生活してる人に、勝手に聞いてしまいます。

    「Life in Paris」の加藤さん ・・・PP欧州支部(勝手に命名)からどうか
    よろしくお願いします!

    そして、
    「キュウマルニノブログ」のキュウマルニさん ・・・今までコメント等の
    コミュニケーションも全くないのにいきなりの指名、失礼千万お許しください
    中国での新生活で聴く音楽にも何か変化が???

    えーっと、それから、身内も引っ張りだしちゃえ。
    「ロンドンでもモノ作り」のnao-naoさん、出番です。

もちろん「わたしゃそれどころじゃないわよ」とお思いの方は黙殺くださいまし。
そして3人にしか声をかけられませんでした。重ねて失礼しました。ぺこり。

| | Comments (8) | TrackBack (1)

June 18, 2005

炭のピアノ

IMGP5920
Pentax *istDS / Carl Zeiss Flektogon 20mm F2.8

パリのとある会社のミーティングルームに面白いピアノが置いてあったので。
まるで火事の跡から持ち出されたような、炭になったピアノ。
オランダの作家(名前失念!)の作品だそうです。

Continue reading "炭のピアノ"

| | Comments (7) | TrackBack (1)

May 30, 2005

I was born to love you

IMGP4846
Pentax *istDs / Carl Zeiss Flectogon 2.4 35

タイトルは、クイーンの曲名です。随分前のこと、さる化粧品メーカーのTVCF(ノエビア
化粧品だと思うんだけど自信なし)のBGMにこの曲が使われてて、それが、小型ジェット機が
びゅーーーんと飛んでく映像だったんですよ。それ以来、びっとまっすぐに伸びる飛行機雲を
見ると、この曲を思い出します。
「迷いなし、一直線」な感じがうまくイメージ上で一致したんでしょうかね。

雲ひとつない空に、ちょうどイイ角度で飛行機雲が延びて来たのでこれ幸いとばかり
シャッター切りました。CCDクリーニングする前でゴミが心配だったんですけど、何とか
大丈夫だったんで良かった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 20, 2005

フレディー!!

IMGP4324
Pentax *istDs / DA16-45mm F4

ロンドンの劇場前におわしますフレディー像であります。
ぼかぁ、このミュージカルにすっかりヤラレてしまい、もう5回も見に行ってます。
今でもこの像の前を通りかかると胸が高鳴ります。

日本でもこれ、上演されるとか。
何も申し上げることはございません。ぜひぜひ行かれることをオススメします。
最高です!!Rockされること請け合い!

| | Comments (2) | TrackBack (2)

その他のカテゴリー

カメラ | クルマ | ロンドン | 旅行・地域 | 音楽 | 飲・食