« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月27日 (日)

Live at Yokohama - 自分の立ち位置から

Imgp0068

同じ写真をFacebookの方にも出しちゃったんで、ちょっとどうかと迷ったんですが・・
見てくれてる人が随分と重なってるんだろうな、と思うので・・

音楽にはマジックがある。この年になっても(僕よりも年上の人の方が多かった)こんなにも
屈託なく無邪気になれるものか、と周りのメンバーを見ていて感じたし、自分もその中の
ひとりでいられることを嬉しく思った。

というか逆に、バンドやってると、若い頃はどこか「いいカッコしたい」とか「モテたい」とか
そんなマインドが見え隠れしちゃうものだけど、もはや我々世代、そこはすっかり抜けてしまって、
シンプルに音楽を楽しんでいる。若い頃よりも純粋だと思う。

それにしても、音楽を趣味としてずーっと続けてきた人たちはみんな、ホントに上手い。
自分もその中のひとり、と思ってもらえたら嬉しいんだけど。どんどん上手く、どんどん純粋に、
どんどん屈託なくなっていけるのなら、じいさんになるのもあながち悪くないね。
これが音楽のマジック。

それもこれも、聴いてくれる人がいてこそのことです。ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月26日 (土)

ストリートミュージシャン

20111124050155

写真同様、音楽も割とアナクロ指向があり、最新ヒット曲を聞くことはあまりない。
基本、ドラムを人間が叩いていない曲は嫌いなので、それだけで選択肢が狭まる。

ところが、最近、たまたま聴いたら、Lady GaGaが思いのほか良くてね。びっくりだ。

あの人の奇抜なファッションとか行動とかがTVで話題になるのを「なんだろこの人」とか
冷ややかに見てたんだけどさ、いやはや、失礼しました。
とてもビート感のある唄い方をするんだよね。だから、エレクトリックな伴奏に乗っかっても
どこか血が通ってる感じがするというか。

でも、そのネイルでピアノ弾くのはどうかと思うな。簡単にパカっと外れるヤツがあるといいね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

鳩と、その鳩を見る犬と、その犬を見るおばあさんと、そのおばあさんを見るもう一人のおばあさん

111118la0014

ああ、もう金曜か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

サンタモニカブルース

20111124045839

今日はLAで撮ったフィルムを現像した。
勝手な思い込みとして、カリフォルニアはモノクロよりもカラーの方が似合うような気がして、
カラーフィルムでも、デジタルカメラでも撮ってみたけど、まずは、いつも通り、古いPentax LX、
Kodakのフィルムで撮ったやつを。

ストリートブルースマン。サンタモニカの青空とは妙なアンマッチなんだけどさ、渋さ無限大。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月21日 (月)

サンタモニカ

P7481

LAへの出張から戻ってきたわけですが。

息つく間もなく、日本での大仕事の大詰めの10日ばかりの日々に突入。
残りのわずかな日数を逆算しながら、できること、あきらめること、あらがうこと、いなすこと。

「俺は無責任ではないか?」「俺は無茶を言ってはいないか?」
「俺はクライアント風を吹かしちゃいないか?」「俺は現場に緊張感をもたらしているか?」

常に相反する気持ちに揺れつつも、つとめて飄々と。まあ見透かされてはいるだろうが。

プロジェクトの最初のころはね、「戦略性が云々」とか「投資効果が云々」とか何とか
いろいろ知った風なことをぬかしてたわけですが、結局のところは、今、この瞬間、現場で
七転八倒しつつ、「終わった後、この連中と旨い酒が呑めるか」ということしか、アタマの
中にはなかったりするわけで。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月15日 (火)

My bed for five nights from today

P6307

それぞれの国にはそれぞれ固有の匂いがある。
飛行機を降りると、ほんの数分間だけそれを感じるけど、すぐに嗅覚が慣れてしまって、
わからなくなるくらい、かすかに、匂いがある。

という話を、日本で何年も働き、スイスに転勤した後、今はアメリカに住んでる、フィリピン人の
同僚と、激しく同意し合ったことがある。世間一般ではあまり話題にはならないのは、なぜかな。

成田で飛行機を降りると、「むわっ」とした湿気と一緒に、漬け物とか味噌みたいな、
何か発酵系の食物の匂いがする。アメリカは洗濯石けんみたいな、合成の香料のような匂いがする。
フランスは地下鉄の構内みたいな、ちょっとすすけた匂い。イタリアはコーヒーとトマトソースと
タバコの混じったような匂い。

今日から仕事でLAに来ている。一年ぶりにアメリカの匂いを嗅いだわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月13日 (日)

シルエットの富士

X20004

個人的には、一年の中で今が一番好きな季節。もうちょっと寒くてもいいかな。
好きな食い物がたくさん出回る、とか、暑いのが嫌いだから、とか理由はいくつかあるけど、
ひとつには、空気が澄みはじめる、ってのも写真好きとしてはあるかな。
たっぱり春とかは全体に「もやん」としてる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 8日 (火)

PARKING

0028

Facebookで、「いいね!」っていうのをポチとすることは良くあるけど、それをすごく盛んにやる人がいて、ある時、自分のニュースフィードが、その人の「いいね!」で埋め尽くされたことがあって。それも、知らない人の、あまり興味のない話題が多く、結局、僕はその人を削除してしまった。友達の友達のそのまた友達みたいな人がお昼ご飯に何食べたかとか、僕は割とどうでもいいです。

それに気づいて以来、「いいね!」をポチとするよりも、一言でいいからコメントを残すようにしてる。まあ、人それぞれだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 7日 (月)

手相見

H000036

僕自身は、星占いから姓名判断から何から、あらゆる占いというものに全く関心がないのだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 6日 (日)

赤いガラス器

10104

ああもう、今年もそんな時期なのだと思いつつ、暮れのライブに向けて、練習やもろもろ準備が
自分の中では進行中。気持ちは進むが行動がいまひとつ追いついてないのはズボラな性格のせい。

それをわかっていながら、でも最終的にはそれなりに辻褄が合うだろう、というのもわかっており。
これをもっとストレッチした到達点に持って行ける意志と行動力があればねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

K0026

今日は、銀座のエルメスで「Harts and Crafts」という、エルメスの職人の記録映画を見て、

その後は、銀座三越の企画展示会に店を出してる学生時代の友人を現場に訪れ、
ちょっと贅沢かとは思ったが、大変にキレイな輪島の拭き漆仕上げの片口を手に入れ、

その後は、横浜そごう美術館で「柳宗悦展」を見た

工芸ざんまいの一日であった。豊かだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 4日 (金)

ニケ

Fh000006

頼りにしてるスタッフの一人に、結構なチャンスがめぐってきた。
しかしそれは同時に、僕のグループからこの人物を失うことを意味する。
正直、「うひゃー、そりゃキツいなぁ」と思う。

でもまあ、答えは見えている。「行ってきなはれ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

路地裏

K0027

今日は祝日だったけど、普通に会社に行った。というか、会社に行く途中で
「あ、今日は祝日か」と気がついた。

イギリスの休日は、単に「バンク・ホリデー」といって、日本のように「○○の日」みたいな
理由付けがない。以前、イギリスに住んでいた頃、そのことを現地の同僚と話してたら、
「日本人は休むのに理由が必要なのかい?」と逆に不思議がられた。

確かにそうだよな、と思ったもんだった。

まあ、休むか休まないかは、自分で決めた方がいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暮れの富士

A0008

海と山と樹木。陽が昇り、陽が沈む。太古の人々も同じものを見ていた。

それと直接関係があるわけじゃないけど、最近、いくつかのTV番組や新聞記事で見て、
ブータンという国が気になってる。行ってみたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

秋は夕暮れ…

St4000021

仕事で、イベントに使うお花屋さんと打ち合わせ。
当方、相当な植物オンチゆえ、非常に漠然とした要望ばかり。
でもまあ、仕事柄、簡単なスケッチとか描いて、色彩の傾向とあわせて
「こんな風に」と言うと、大体伝わる(らしい)から、さすがそこはプロ。

ひとつだけ、ごく具体的にお願いしたのは、

「福島の花を使ってください」

ココロに花を咲かせましょう。今はそれが大切だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »