« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月30日 (金)

Imgp8167

昨晩は、いくつかあった忘年会の一番最後のやつを終わらせて、まあこれで今年も〆かなと。
でも、僕はスケジュール帳にずらっと羅列するほど忘年会をたくさんこなす方でもなく、
(確かに、サラリーマンの中には、そういう人もいる。職種によるものか、パーソナリティに
よるものかはよくわからないけどね)まあ、3つか4つくらい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月28日 (水)

Canon F-1

Imgp0625

キヤノンのF−1というカメラ。キヤノンが初めて作った一眼レフ。一号機。記念碑。
発売は1971年だったか。この個体は、その後期型だから、多分1976年から、それよりも
数年後のもの。いずれにせよ、35年くらい前のカメラ。
少し古い人には、「池中弦太80キロ」というTVドラマで、主人公のカメラマン西田敏行が
使ってたカメラ、と言えばちょっとイメージがつかめるかな。
僕はこれを、何年か前に手に入れて以来、何一つ問題なく、ごく普通に、実用に使っている。
何の不便も不満もない。あ、ちょっと重いのは玉にキズかな。

自分のバックグラウンドがインダストリアルデザインだからか、モノに接するときに、それが
良い/悪い、好き/嫌い、ということよりも、「それを作った人たちが何を考えてそれを作ったか」
ということに興味を持つ傾向がある。作り手の意志が見える、その考えに共感できるモノが、
僕にとって魅力あるモノ、と言えると思う。

初めて設計、製造する一眼レフカメラにかける気迫とか、意気込みとか、
これをデザイン/設計した1960年代の人たちの心意気を、
この古いカメラからは感じることができて、これを手に入れて良かったと思う。
でも実はこれ、e-Bayでわずか300ドルだったんですが。

他にも、マツダのロードスター、一連のアップルの製品、フェンダーのテレキャスター、
ホンダのスーパーカブ、同じ理由で僕が愛する工業製品がいくつもある。工業製品といっても、
結局はその向こうに人を見ているんだと思う。

・・・柳宗理さんの訃報。

直接お目にかかったことはないが、この方からは、本当に多くのことを学んだ。
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月27日 (火)

365分の46

T4000035_3

毎年、この時期になると考えること。

僕は、写真のデータを、日付ごとに整理している。デジタルカメラの画像データは、カメラの中で
日付ごとのフォルダに分けて保存されるし、フィルムは、スキャナーで読んで、とりあえず
データ化したものをフォルダに入れて、そのフォルダに「1105腰越海岸」とか、適当にタイトルを
つけて、それを、「2011」という名前の、今年の写真データのフォルダに放り込んでおく。

今、この「2011」のフォルダを開くと、その中には46個のフォルダが入っている。
つまり、完全に正確ではないけれど、僕は今年、およそ46日、カメラを持っていろんなところを
うろついていた、ということになる。

実はちょっとがっかりしている。この数字は少ない。

一昨年ころまで、これがコンスタントに75前後あった。去年は50台に落ちていた。
去年の今ごろ、「これは少ないぞ、来年はもっと撮ろう」と、ここに書いた記憶がある。
それが今年は50以下か。いかんなこれは。

所詮は下手の横好き、量があってこその質だぞ>俺様。
とまあ、戒めの意味も込めて、セルフポートレート。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月26日 (月)

妙な形の植木

X1000023

多くの日本人にとってそれは「う○こじゃん」というような形の植木。
でも、この形に刈り込むのは相当大変だろう。

ところで、

今まで使っていたMacが不調極まりなく、やむなく新しいものを買ってきたわけですが。

以前は、パソコンを新しくすると、「環境構築」とかいって、アプリケーションを入れ直したり、
通信関係の設定をするのがえらく大変だったんだけど、(ある意味、それが楽しかった、
というのもあるが)最新のMacはもう、まともな取説すらなく、買ってきて、立ち上げて、
いくつかの質問に答えて「Time Machine」という自分のバックアップディスクを指定すると、
晩飯を喰っている間に、すっかり事は済み、新品のパソコンのはずなのに、とっ散らかった
デスクトップの風景までそのまま、再現されてしまっていた。

大枚はたいて新しいもの買った感動がないこと、この上なし。

いやもちろん、すげー速いし、快適だし、何ひとつ文句の言いようもないのですが。
全く消費者っちゃー勝手なもんだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月25日 (日)

家まで飛んで帰る子

Gz0009

いや、ホントにね、ちょっと地面から浮いてるんでさ、この子。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月21日 (水)

七里ケ浜から見る伊豆大島

032

冬になって、空気が澄んでくると、こういうものも見えるようになるんだねぇ。
観光客もいなくなった、冬の湘南は、静かでのどかで、気持ちがいいです。

現像ムラ?まあ、それは言いっこなし、ってことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月20日 (火)

パリ、夜、閉店間際、

P0003

スタッフの一人の退職願が今日、受理された。
正直、彼を失いたくはなかった。

レバノンとフィリピンのハイブリッドである彼は、語学堪能なだけでなく、大変な情熱家で、
時にバランスを欠いたけど、そういう奴と一緒に仕事をするのは楽しかった。

今の仕事に不満を抱いて、という後ろ向きな理由でないのは、先方に正式な回答をする前に
僕に相談を持ちかけてくれたこと、そしてその話の内容から、よくわかった。
何度か話をするうちに、オファーを受けた転職先にはリスクがあることも想像できた。でも、
リスクを取るのは今だ、という情熱的な思いに水をかけてはいけない、と思った。

仕事で外出したついでに、彼にプレゼントを買い求めた。ミニカーにした。今の僕らの勤め先の
クルマじゃなくて、彼の転職先のメーカーのミニカーにした。悔しいけどカッコいいんだ、これが。
これだったら、転職先の仕事場の机の上に、さりげに置いておいても大丈夫。
転職先までエールを届けちゃるぜ。忘れんじゃねぇぞ。この野郎。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月18日 (日)

列車の切符を買い求める男

Fh000026

目下の悩みどころは、4年ほど使っているMac Book Proの調子が悪いこと。
液晶画面の真ん中からちょっと右側、幅5cmくらいにわたって、上から下までノイズが出て、
その部分が使い物にならない状態。オブジェクトはその都度、ノイズが出ていない部分に移して、
作業してる感じ。

それがハードウエア的なものか、ソフトウエア的なものかわからないけど、何だかチョー遅く
なっちゃったし。アップルケアの期間もとうに過ぎちゃったし。

とりあえず、「100%使えない」という状況ではないので、だましだましやってるけど、
年始の出張期間中に問題が発展したら目も当てられないので、年内中に買い替えるか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月15日 (木)

釣りをする人

S0035

ああ、そういえば朝晩の電車がすいてるなと思ったら、学生さんはもう休みなのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

FIGARO

024

冬の雨は憂鬱だ。寒いのは嫌いではないし、前はそれほどでもなかったのに最近そう感じるのは、
やっぱり年をとったからか。

寒い上に、濡れてしまう、ってのは何だか「弱り目にたたり目」とか「泣きっ面に蜂」とかそんな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月13日 (火)

コベント・ガーデン

0030

何しろ外国人の多い職場なもんで、クリスマスは早じまい傾向だ。
それは別に構わないんだけど、困ったことにインドで大きなイベントあり。
かの国の人々は、もちろんクリスマスは全く関係なく(日本だって本来、そうだが)
その上、正月も全然違うタイミングだから、自分が1月2日にデリーにいないと
いけないことが判明。その上、1月8日にはデトロイトにいる必要がある。

やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

路地裏

Gz0033

広州にて。今年のはじめ。仕事の合間に。くたびれたTシャツと汚れたジーンズで(泊まってるホテルの中では、はばかられるくらいのユルい格好で)街の中をうろうろしながら。
そういうのが一番好き。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

銀波

1000063

・・という名前の曲があったような記憶があるんだけど。

そろそろ、今年の総括めいたTV番組が始まる時期だけど、できたら、津波が街を呑み込んでいく
あの映像を、もう見たくない。もういいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 9日 (金)

大道芸人

000013

わざとうさん臭いようなフリをして人の気を引いたりね、
苦手なんだなぁ、そういうの。
根が単純なんだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 8日 (木)

アビーロード

Imgp1699

今日は、ジョン・レノンの命日。

彼が殺された日のことは、今でもよく覚えてる。あの頃、僕は高校3年生で、受験生で、
もうすぐ共通一次試験を受けなくちゃいけなくて、何だかむしゃくしゃ、どんよりしてる日々だった。

享年40歳。いつの間にか僕はそれよりも年上になってしまった。彼は自分の曲の中で唄っていた
64歳になることはできなかったけど、僕はどうかな。まあ、なるようになるか。

写真は、何年も前に撮ったものだけど、アビーロードスタジオ。“あの”横断歩道ごしに。
僕らはこの頃、この近所にアパートを借りていた。この先を左に曲がって少し行ったあたり。

とにかく今日は、ABBEY ROADでも聴きながら、ベッドに入りましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

海と空と江ノ島

43500022

ここしばらく、いまひとつ天気が悪い日が続いているので。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

冬の夕方

000014

さすがにここ数日は、温暖な湘南も冷えぎみで、朝夕に暖房を入れ始めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 4日 (日)

ピザ屋のデリバリーバイク

111118la0008

更新が滞ってしまったのは、泊まりがけで現場に張り付く仕事があったため。
どうやら完了。これで今年の山場は越して、あとは例によって忘年会だの何だの、
年末のドタバタに突入、というところ、かな。

観光地などで、一眼レフのカメラなど持って歩いていると、ちょくちょく、「すみませーん、
シャッター押してもらえませんか?」などとコンパクトカメラを手渡されることがある。
まぁ、「この人なら頼んでも大丈夫でしょ」という感じがするんだろうな。
もちろん「いーですよー。その背景で?じゃ、そっちは逆光だから、こっち向いて立って、
はい、撮りますよー」なんて気軽に応えるわけですが。

昨日は、「すみませーん、写メ撮ってくれませんかー」なんてケータイ手渡されて、いいけど、
使ったことのないケータイのカメラ機能がまったくわからず、「こ、これは一体どうやったら
いいんですか?」なんて、オッサン丸出しでみっともなかったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »