2012年3月18日 (日)

くらげ

Imgp7790

曖昧なことを、曖昧なまま理解する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月16日 (金)

美術館の壁面

Fh010010

我が配偶者は、靴制作の工房に通っているのだけど、昨日、仕事から帰宅すると、
配偶者がその工房のお仲間達と自宅でちょっとしたパーティーのようなことをしていた。
男女あわせて5人ほどのお客さん。

ごく自然な流れで、僕も適当にワインなど呑みつつ、話に加わることになるのだが、
おそらく、僕よりもひとまわりもふたまわりも若いような人もおり、
仕事以外でこんなに年の離れた人達と話をすることなどあまりない。

同じ目標を共有してる連中の集まり。正直、「若いって、いいなあ」と思った。
うひゃあ、前回に引き続き、オッサン臭いことこの上ないなぁ。
まあでもホントにそう感じたんだから仕方がない。

我が配偶者も、その中でごく自然に振る舞っており、これもなかなか良いのではないかと感じた。
よきかな。また来てね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

Fh020030

時差ボケを抱えているものだから、朝、妙に早く目が覚めてしまう。
基本、早寝早起きは悪いことではないので、ことさらこれを戻そうとは努めてないのだけれど。

昨日の朝は、いつもよりも少し暖かくて、「あ、春が来るかも」と感じた。
でも夕方になると、朝よりも寒いくらいで、「あ、冬に戻ったかも」と感じた。
ああ、これを三寒四温というのか。とまあ、季節の変わり目を気にするようになったのは
年をとったせいかもしれない。

昔、20代とかその頃は、「あぢー」とか「さみー」とかそのくらいのことしか感じてなかったと思う。
あ、そういえばあまり部屋に暖房を入れなかった記憶があるから、それすら感じていなかったかも
知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

海を前に

Imgp9707

3/11を目前にして、どれだけたくさんの人がこのことについて書いてるかと思うと、
私ごときのつぶやきが何になるとも思わないけどさ。

多分、ほぼ全部のTV局でお約束のような報道特集番組をやるんだろうけど(唯一、TV東京には
ちょっと期待している)、とにかく、津波が街を呑み込んで行くあの映像は見たくないので、
ぜひ、やめて頂きたい。

もうひとつは、いたずらに人の感傷をかき立てるような、漠然とした感情論を振り回すことも
やめて頂きたい。今、我々に必要なのは、復興のための戦略とか計画とか日程とか、具体的な
行動指針であって、「絆」とか漠然としたイメージみたいなものではないと思っている。

TV局がそれで金を儲けようとしているのは、まあそれは彼らの勝手なので、もしも、僕の
たわごとに「そうかも知れんな」と思う人がいたら、TVがそういうのを始めたら、消すか、
チャンネルを替える、というのはどうだろうか。彼らにとっては、無視が一番ダメージなので。

一年前のあの日、帰宅難民になって、支給された毛布にくるまって夜を越しながら考えたことを
もう一度思い返してみよう。どんなに大きな被害があったか、どれだけ沢山の人が犠牲になったか、
ましてやそのとき原子炉がメルトダウンしつつあることも知らず、ただ、「日本は大変なことに
なってしまったに違いない」ということだけは確かで、立ち直るためには「相応の負担や犠牲は
甘受しよう、皆で連帯しよう」ということぐらいしか頭の中にはなかった。

一年経った今、その漠然とした思いが、具体的な形になって実行されているだろうか。
考え直してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月29日 (水)

噴水

T0024

ちょっと更新が滞ってしまったのは、いよいよ年度末のドタバタに突入して妙に忙しいことと、
LAから戻ってきてからこっち、時差ボケが抜けずに、夜早い時間に眠くなってしまうこと、
(すごく早起きするんだけど、さすがこの季節、布団から出られない、出たくない)、
あとは何だか呑み会の回数が増えたり・・まあ要はさぼってた、ってことです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

四丁目交差点

Imgp5121

今日は休日だったけど、来週は出張不在のため、その前に進捗を確認しておかないといけない
制作中のビデオがあり、お昼前に、麻布十番にある映像スタジオを訪れ、ちょっと仕事。

昼過ぎにはそれが終わったので、途中、銀座で途中下車して少しそのあたりを散歩した。

以前はオフィスが東銀座にあったので、このあたりは自分のテリトリーのようなものだったのに、
ほんのわずかの間に、すっかり自分が「おのぼりさん気分」になってるのが、かえって楽しい。

山野楽器とか、アップルストアとか、適当に定番のお店をのぞいてから、久しぶりに、
銀座教会の上の「レモン社」という店に寄ってみた。ここは、中古カメラ、鉄道模型、双眼鏡、
万年筆などを扱う、ディープなオタクおじさんのワンダーランドだ。とても由緒ある教会の
礼拝堂の上に、オッサンの煩悩が束になって乗っかっちゃってるのが申し訳ないというか
ある意味逆説的で面白いというか。

さすがにここまでデジタル化が進んでしまうと、古ーいフィルムのカメラの需要も下降傾向
なんだろうな。憧れだったハッセルブラッドとか、自分の生まれ年よりも古いライカとか、
へぇ、ひとけた万円のもあるじゃん、みたいな。

なんてな風に、たぶん全く同じような煩悩を抱きながら、8Fからエレベーターに乗り合わせる
同朋的オッサン数名。1Fでエレベーターを降りると、そこは教会の共同出口。

多分、このお店が例えば、パチンコ屋の上にあったら、この店はもっと売り上げが延びるな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月28日 (水)

Canon F-1

Imgp0625

キヤノンのF−1というカメラ。キヤノンが初めて作った一眼レフ。一号機。記念碑。
発売は1971年だったか。この個体は、その後期型だから、多分1976年から、それよりも
数年後のもの。いずれにせよ、35年くらい前のカメラ。
少し古い人には、「池中弦太80キロ」というTVドラマで、主人公のカメラマン西田敏行が
使ってたカメラ、と言えばちょっとイメージがつかめるかな。
僕はこれを、何年か前に手に入れて以来、何一つ問題なく、ごく普通に、実用に使っている。
何の不便も不満もない。あ、ちょっと重いのは玉にキズかな。

自分のバックグラウンドがインダストリアルデザインだからか、モノに接するときに、それが
良い/悪い、好き/嫌い、ということよりも、「それを作った人たちが何を考えてそれを作ったか」
ということに興味を持つ傾向がある。作り手の意志が見える、その考えに共感できるモノが、
僕にとって魅力あるモノ、と言えると思う。

初めて設計、製造する一眼レフカメラにかける気迫とか、意気込みとか、
これをデザイン/設計した1960年代の人たちの心意気を、
この古いカメラからは感じることができて、これを手に入れて良かったと思う。
でも実はこれ、e-Bayでわずか300ドルだったんですが。

他にも、マツダのロードスター、一連のアップルの製品、フェンダーのテレキャスター、
ホンダのスーパーカブ、同じ理由で僕が愛する工業製品がいくつもある。工業製品といっても、
結局はその向こうに人を見ているんだと思う。

・・・柳宗理さんの訃報。

直接お目にかかったことはないが、この方からは、本当に多くのことを学んだ。
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月27日 (火)

365分の46

T4000035_3

毎年、この時期になると考えること。

僕は、写真のデータを、日付ごとに整理している。デジタルカメラの画像データは、カメラの中で
日付ごとのフォルダに分けて保存されるし、フィルムは、スキャナーで読んで、とりあえず
データ化したものをフォルダに入れて、そのフォルダに「1105腰越海岸」とか、適当にタイトルを
つけて、それを、「2011」という名前の、今年の写真データのフォルダに放り込んでおく。

今、この「2011」のフォルダを開くと、その中には46個のフォルダが入っている。
つまり、完全に正確ではないけれど、僕は今年、およそ46日、カメラを持っていろんなところを
うろついていた、ということになる。

実はちょっとがっかりしている。この数字は少ない。

一昨年ころまで、これがコンスタントに75前後あった。去年は50台に落ちていた。
去年の今ごろ、「これは少ないぞ、来年はもっと撮ろう」と、ここに書いた記憶がある。
それが今年は50以下か。いかんなこれは。

所詮は下手の横好き、量があってこその質だぞ>俺様。
とまあ、戒めの意味も込めて、セルフポートレート。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月26日 (月)

妙な形の植木

X1000023

多くの日本人にとってそれは「う○こじゃん」というような形の植木。
でも、この形に刈り込むのは相当大変だろう。

ところで、

今まで使っていたMacが不調極まりなく、やむなく新しいものを買ってきたわけですが。

以前は、パソコンを新しくすると、「環境構築」とかいって、アプリケーションを入れ直したり、
通信関係の設定をするのがえらく大変だったんだけど、(ある意味、それが楽しかった、
というのもあるが)最新のMacはもう、まともな取説すらなく、買ってきて、立ち上げて、
いくつかの質問に答えて「Time Machine」という自分のバックアップディスクを指定すると、
晩飯を喰っている間に、すっかり事は済み、新品のパソコンのはずなのに、とっ散らかった
デスクトップの風景までそのまま、再現されてしまっていた。

大枚はたいて新しいもの買った感動がないこと、この上なし。

いやもちろん、すげー速いし、快適だし、何ひとつ文句の言いようもないのですが。
全く消費者っちゃー勝手なもんだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 8日 (木)

アビーロード

Imgp1699

今日は、ジョン・レノンの命日。

彼が殺された日のことは、今でもよく覚えてる。あの頃、僕は高校3年生で、受験生で、
もうすぐ共通一次試験を受けなくちゃいけなくて、何だかむしゃくしゃ、どんよりしてる日々だった。

享年40歳。いつの間にか僕はそれよりも年上になってしまった。彼は自分の曲の中で唄っていた
64歳になることはできなかったけど、僕はどうかな。まあ、なるようになるか。

写真は、何年も前に撮ったものだけど、アビーロードスタジオ。“あの”横断歩道ごしに。
僕らはこの頃、この近所にアパートを借りていた。この先を左に曲がって少し行ったあたり。

とにかく今日は、ABBEY ROADでも聴きながら、ベッドに入りましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧